株式会社ハープ ジュエリー、アクセサリー製作のための彫金工具、機械、用品の製造・輸出入

Menu Close

No.216-0050 ダイヤモンドコンパウンド アイボリー

ダイヤモンドコンパウンドのお取扱いについて
《ご使用例》
ゲスワインのダイヤモンドコンパウンドは、天然のパージンダイヤモンドの微粉末を乾燥・凝固を防ぐためのオイルで練り合わせたものです。鉄鋼品への使用例としては、500〜600番のホーニングストーン(油砥石)、あるいはエメリーペーパー作業の後にダイヤモンドコンパウンドが使われます。ダイヤモンドコンパウンドを塗布したフェルトポイントを電動工具で5000回転/分程度に回転させ、小さく円状にまたは直角状に動かします。光沢、鏡面、歪みのない面を得るためには、一度に広い面積を磨こうとせず2cm角位の広さを圧力をかけずに磨いていってください。
手作業の場合は、鹿革(セーム革)にダイヤモンドコンパウンドを少量塗布して磨いて下さい。オイルを足す場合は、手近なものとしてオリーブ油が良いでしょう。
《取扱い上の注意》
・多孔質のものや、クラックの入ったものには支障のない部分でテストしてからご使用下さい。
・宝石類の角部分は、ダレないようにご注意ください。
・番手の荒いダイヤモンドコンパウンドで磨いた場合、次の細目番手でも磨き傷が取れない恐れがありますので、ご注意ください。
・時計ガラスの傷取りをする場合ガラスに薄い部分があるのでご注意下さい。
・支障のない部分でテストしてからご使用ください。
仕様
(約)14000番
0-2ミクロン
1g入り
< 研磨材・コンパウンドへ戻る

お気軽にお問い合わせください カタログのご請求、こんな製品が欲しい・ここを改良してほしい、など
様々なお悩みにお応えします。まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ カタログ請求